トピックス詳細

タイマッサージ世界大会in スイス レポート7

世界大会開始。 

オリンピックさながらに国名を呼ばれ、国旗とともに会場に入る。

日本代表として恥じない施術を、と気合が入る。

 

294221957_7679199262152328_6493463471320661087_n.jpg

 

 294799704_2895963147380195_3230563941660863516_n.jpg

僕はこの1時間の決勝戦のために今まで準備し、仕事も休み、航空券代も払ってきた。

 

決勝戦は今までと違い、モデルを審査員がおこなう。

モデルはクジなのか、意図的に決められているのか分からない。

自分のモデルはヨーロピアンの女性で、自分と身長が同じくらい。

世界中のホテルスパで講義をしているので日本でも仕事あれば、と前日に少し話したのもありフレンドリーには始まった。

 

295045786_2896084037368106_3295657203379615828_n.jpg

 

294794863_2896057020704141_3205901511094665596_n.jpg

 

しかし。股関節の可動域が狭く、股関節のストレッチが決まりにくい。

手の置き直しも何回かあった。

さらに後半、モデルのあぐらがかきにくく、ストレッチのポーズにバランスをとりきれないことが多かった。

ピーンという自分の得意な決めポーズもまあまあに終わってしまった。

平常心で技の切り替え対応もよくできたと思うが、自分の持ち味が出せたかは微妙だった。

 

結果は入賞できず。

運も実力のうちとはよく言ったもので、モデルで難があったのは、普段の行いのカルマである。

日頃から徳を積み直し、日々の施術を改めるとする。。

 

結果、「Nuad Thai for Health」で栗原哲也さんが世界銀メダル!

Thai Massage Inspiration」唐鎌由利亜さんが世界金メダルを獲得してくれた。

日本のタイマッサージのレベルの高さを広めてくれた。

 

295305051_3164498323767242_1846622820834499593_n.jpg

 

295345080_2897299677246542_7155400555584642378_n.jpg

 

もはや天女の美しさ。これが世界一の施術。

 

 

来年の世界大会は日本かもしれないといわれているが、どこであれ日本のタイマッサージセラピストには参加を勧めたい。

勝って得るものもあるが負けて得るものも多い。

普段の施術は基本的に喜ばれ、サロンワークでも指名数やリピート数の優劣くらいで勝ち負けはあまりないと思う。

出場し評価されることで、自分の優れているところ、自分に足りないものを客観的に見直す機会になり、セラピストとしても人間としても大きくなれる。

僕は今後、自身のブラッシュアップ半分、後世の育成半分で数年を過ごす予定だ。

 

 PXL_20220716_0648384492.jpg

 

リラリラ代表 林泰之

2022.07.26

follow me